みなさん、ジャグ連についてどんな考えを持っていますか?

ジャグ連とは一般的に、ジャグラーでボーナス後100ゲーム以内に当たることを意味しています。

凄まじいものになるとそのジャグ連だけ1,000枚や2,000枚を超えるものまで存在します。

今回は、そんなジャグ連の特徴や傾向についてお話していきたいと思います。

 

※ジャグ連は完全なオカルトです。この記事の内容は何百万ゲームもジャグラーを回してきたサイトオーナーの経験によるもので、根拠は一切ありませんので、あらかじめご了承ください。

—スポンサーリンク—

ジャグラー ジャグ連しそうな台の特徴や傾向!ジャグ連を狙い打て!

今回のテーマはジャグ連。

そう。ジャグラーを遊戯している最中、誰もが願う一番の祝福の時間。

あのいけいけ感は、いつでも最高の時間です。

 

ジャグ連しそうな台の特徴や傾向

何百万ゲームもジャグラーを回してきた私の経験上、大きなジャグ連を起こしやすい下記のような2つのパターンがありました。

  • ジャグ連が絡まない100ゲーム台の当選を繰り返している台
  • 500ゲーム程度のハマりを2度連続している台

私の経験上、この2つのパターンが大きなジャグ連に繋がる傾向が多かったのです。

まず前者は、その後、1度200Gを超え200~350ゲームで当選後、ジャグ連開始。

後者は、2連続のハマり後、中ハマりで250~400ゲーム前後での当選後、ジャグ連を開始するパターンが多いように思います。

 

本当にジャグ連しやすい台は?

確率論から言えば、ジャグ連しやすいのは、もちろん高設定の台。

下記にその詳細な表をつけておく。

 100ゲーム回してボーナスが当たる確率
設定1 43.4%
設定2 44.2%
設定3 47.5%
設定4 49.5%
設定5 52.5%
設定6 52.5%

※アイムジャグラーのボーナス確率を採用

設定1でも4割以上の確率でジャグ連することになります。

設定5,6だと5割を超え、高設定ほどジャグ連しやすくなっていますね。

 

まとめ:ジャグラー ジャグ連しそうな台の特徴や傾向!

ここまで解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ジャグ連というのは、あくまでもオカルト要素です。

それがいつくるかは、結局運次第で実際にそれを狙った立ち回りなど存在しません。

あくまでも今回お話した傾向や特徴というのは、私の経験論で根拠は全くありませんので、それを鵜呑みにした立ち回りはおすすめしません。

楽しめれば良いという方は、オカルト要素を自分なりに考えていくことで楽しく打てるかもしれませんね。

—スポンサーリンク—